大手の風俗店で働くメリット

風俗店で働くなら大手のほうが良い?

環境のメリット

キャバクラやガールズバーは、都市部にしか存在しません。
一方、ここで言う風俗店、いわゆる性風俗は、ちょっとした地方にも存在します。
その数は、大手コンビニチェーンと肩を並べるのでは、という説もあるほど。

それだけ風俗店にはニーズがあり、働く人にはチャンスがあるとも言えます。
裏社会に通じているのでは?という心配や、世間体のデメリットもあると思います。
けれども逆に、キャリアを問われず始められる、そして給料が多い、頑張り次第での昇進の可能性が高い、などのメリットもあります。
就職先として一考の余地があるかもしれません。

そんな風俗店は、飲食店のように個別営業している店舗と、グループ展開している大手の店舗に分類できます。
グループ展開とは、風俗店でも、ソープはじめヘルス、ピンサロ、セクキャバなど様々な業態があるのです。
さらに、ガリガリの娘、ぽっちゃり、若いギャルや熟女などの、好みに分かれた店舗が存在します。
そして大手では店舗の他に、従業員が一般企業で働いているように装うアリバイ会社や、広告用の写真スタジオをグループ内に設けているところもあります。

例えば飲食店の大手では、商品開発や仕入れ、従業員教育などのメリットが考えられます。
では風俗店の大手ではどうでしょうか。
一般的に企業大手で共通しそうなものから、風俗の仕事独特のものまであるようです。

また、風俗で働く方は女性だけでなく、男性も数多くいらっしゃいます。
ここでは、風俗で働く女性、男性の事情を併記しながら、全体の空気感を捉えられたらと考えていま
す。
風俗店大手で働くメリットを、調べてみました。

TOPへ戻る