風俗店で働くなら大手のほうが良い?

>

風俗店の大手とは

人数が多い

大手の風俗店では、必然的に個別店より従業員の人数が多くなります。
働く女性の人数が多い店には、お客様も多く訪れます。
働く男性の人数も然りです。

そのような大人数でのメリットは、広告制作でも力を発揮します。
広告を制作会社に発注するにも、量が多ければ割安になり、コストカットで効率が上がります。
また企業によってはさらに、撮影スタジオを完備したり、制作スタッフをグループ内で雇用しているところもあります。

従業員教育においても、大手、大人数の企業のほうが充実しやすいでしょう。
組織の大きさから、従業員教育に時間や費用を充てる余裕があります。
全体の人数が少ない個別店舗では、なかなか手が回らないのではないでしょうか。

適材適所がある

冒頭でもふれましたが、グループ展開している風俗店では、いろいろな業態の店舗があり、さらに胸の大きい小さい、年齢や雰囲気など、好みに応じた細分化がされています。
女性にしてみれば、一度面接に行けば、もしその店舗で不採用だったとしても、グループ内の別の店舗を紹介してもらうこともあるかもしれません。
そのような大手の店舗であれば、個別店のように、そこで不採用でも、あらためて他の店舗にまた一から面接に行かなくてもいいわけです。

男性にしても、大手ならグループ内に広告制作や教育スタッフなど、数多い部署があるので、適材適所に配属されやすいというメリットがあります。
さらに個別店舗では、限られた人数の中でいくつもの業務を兼務しなければならなくなりがちなのに対し、大手では兼務が少なく、ひとつの業務に専念することが出来ます。


TOPへ戻る